C-lock-row

【持ち帰り謎】NUMBER+の評価・感想

投稿日:2018年12月26日 更新日:


基本情報

制作団体C-lock-row
公式ページhttps://cafeswitch.thebase.in/items/5595727
開催場所
開催期間2016/10/08 ~
受付時間
価格500円
所用時間目安30~120分
備考

評価

難易度7.0/10.0
所用時間2.0時間
移動距離-/10.0
ギミック7.0/10.0
ストーリー-/10.0
オススメ度8.0/10.0

感想

C-lock-row制作のNUMBER+をプレイしました。

C-lock-rowは東京工業大学の謎解き制作団体です。公式ツイッターはコチラ

僕はNUMBER+を謎解きcafeスイッチで購入したのですが、元々は2年前の2016年度東京大学の学園祭で販売された持ち帰り謎なんですね。スイッチの持ち帰り謎の難易度の評価が飛び抜けて高かったので気になっていたのです。

さて、NUMBER+を開封した時の僕の気持ちは

は?内容物足りてなくね?

です。いやだって数字の書かれた紙1枚しか入っていませんでしたからね。しかし5枚ある内の1枚が足りないというのはあり得ますが、2枚ある内の1枚が足りないってことはそうそうない・・・ということで恐らく足りているのだろうと結論付け。いやはや何やっていいのかすらさっぱり分からない絶望感を味わいました。

難易度は難しかったですが飛び抜けて難しいという訳では無いです。
多少ネタバレかもしれないので反転
というものこの作品、ある知識を知っているかで難易度に大きな差が生まれます(ここでの難易度の評価は知っていた場合)。生まれて初めてこの知識が役に立ちましたね。

反転終了

ギミックは凄かったですね!紙一枚と数字しか使っていないにも関わらず、世界がどんどん広がっていく様は圧巻です!答えまでの導線がしっかりしているのも素晴らしいですね!

気になった点としては解答の正否判定をツイッターのダイレクトメールでしか出来ない点でしょうか。出来る事ならWEBページとかで判定機能を実装して貰えると気軽に出来ていいなぁとか。後はそもそもツイッターで正否を受付ている情報に辿り付く方法がユーザー任せなところですね。自分でググってツイートを遡って辿り着くのは中々に手間でした。こちらはキットにQRコードなりあると楽かなと。

っと少し気になった点はありますが、それを吹き飛ばすほどのクオリティの高い作品でした!500円という破格ですし、プレイして損はないです!謎解きcafeスイッチの紹介ページにも書いてありますが、理系謎が好きな人であれば超オススメです!

こんな人にオススメ

  • 謎解き中級者
  • 理系謎が好きな人

-C-lock-row
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした